ATJ岡山教室・教師養成コース

ATJ岡山教室では教師養成コースを2017年に開始いたします。練習生が1名になったところで正式に始めます。開講に向けて2016年9月よりプレトレーニングを毎月第一日曜日におこなっています(イベント)。日程をご確認の上、関心をお持ちの方はお問い合わせください。

プレトレーニング

教師養成コースに正式に入る前の準備です。基本的には教師を目指したい方や興味を持っている方が対象ですが、ワークをより深く学びたい・通常のレッスンでは物足りない方も受講可能です。何度かのプレトレーニング受講後は、面談をした上で教師を目指すか、もしくは継続してより深く学ぶことのできる研究生を選択できます。

プレトレーニングでは1日(6時間)かけてワークをおこない、「自己の使い方」を学習していきます。教科書にはFM氏の著作のほか、適宜紹介しながら進めます。

プレトレーニングまたは研究生から正式に教師養成コースに入った場合は、教師養成コースの単位として加算されます。

研究生

教師になることを迷っていたり、通常のレッスンよりももっと深く学びたいとお考えの生徒さんに向けた制度になっています。

1年間、教師養成コースの練習生と同じ授業を受けることができます。実際の体験も含めて今後の方向を考えていきます。もし正式に教師養成コースに入る場合は、研究生として受講した単位は教師養成コースとして加算されます。

教師養成コース

まずはATJの教師養成コースのページをご覧ください。順番に説明します。

教科書

ATJの教師養成コースに必須の教科書は下記のFM氏の著作です。

  • 人類の最高遺産
  • 建設的に意識調整するヒト
  • 自己の使い方
  • いつでも穏やかに暮らすには(翻訳中)
その他、『テクニークの真髄(パトリック・マクドナルド著)』・『自然に演奏してください(ビビアン・マッキー著)』など必要な資料を活用していきます。

卒業に必要な時間

1セッション3時間を540セッション以上、すなわち1600時間以上を本コースでは受けることを求めます。これにはおおよそ4年前後の期間が必要です。しかし個人差があるため、これ以上かかる場合もあります。時間数を超えても卒業を保証するものでもありません。

これらの時間の中で学習した原理を日常で応用しながら問題を解決することを徐々にしていきます。平行してFM氏の著作も参考にしながら進めます。そして段階が進めば教える練習を練習生同士でおこない、教室監督者の下で一般の参加者にも協力してもらいながら徐々に教え、最終段階では教育実習をおこないます。

必要な時間と課題をクリアして、テクニークを含めたFM氏の原理をやって見せる・説明する・生徒に伝えることができるようになれば卒業になります。

卒業後は一般社団法人アレクサンダーテクニーク教師会の正会員になることが可能です。

スケジュール

卒業までには540セッション以上が必要です。そこで以下に教師養成コースに通う例を示しましょう。実際には面談によりスケジュールを決めることになり、個別に対応したスケジュールを計画します。

例:平日主体

3週間(12セッション)を10ヶ月おこなうと年間120セッションで、卒業までに約4年半。

例:週末主体

3週間(12セッション)を10ヶ月おこなうと年間120セッションで、卒業までに約4年半。

例:平日1セッション+休日

3週間(15セッション)を10ヶ月おこなうと150セッションで、卒業までに約3年半。

卒業までの費用

1セッション 8,000円
卒業までに必要な時間 1600時間以上=540セッション以上
卒業までに必要な費用(8,000x540) 4320,000円

卒業までに約4年間でおよそ430万円が必要になります。必要に応じてセッションが追加される場合は、必要な費用も追加されます。必要な時間を越えて授業料が支払われていたとしても、課題がクリアされていない場合は卒業できません。

ATJ岡山教室の特徴

養成コースの指導は、教師養成コースを卒業し、経験を積み重ねながら3年間のATJ教師養成トレーナーコースを卒業したトレーナーが務めます。教室には創始者の著作をはじめ、アレクサンダーテクニークに関連した文献が豊富にあります(参考資料)。岡山教室のトレーナーだけではなく、名古屋広島など他の教室のトレーナーから授業を受ける機会もあります。

2013 - 2017 意識的調整実践センター