Blog

ブログ

8月半ばから11月いっぱいまで外国に行っていました。各国の図書館や学校等を訪問してFMアレクサンダーとアレクサンダーテクニークについて調査してきました。少しずつ回想していきます。

今回の旅のきっかけは一昨年の11月、ATJトレーナーコース中に少し話題になったことからです。まずはオランダ王国の研究者や英国・米国・豪州の教師に連絡を取って訪問する約束を取りました。滞在は各大陸におよそ1ヵ月の予定でした。最終的には下記の日程で旅をしました。

  • 8月16日、岡山から東京へ (JAL)
  • 8月17日、東京からヘルシンキ経由でイギリスへ (Finnair)
  • 9月11日、イギリスからオランダ へ(Ryanair)
  • 9月15日、オランダからベルギーへ(FlixBus)
  • 同日、ベルギーからイギリスへ(Eurostar)
  • 10月1日、イギリスからニューヨークへ (Britishairways)
  • 10月10日、ニューヨークからシカゴ、アーバナへ (American Airlines / Greyhound)
  • 10月20日、シカゴからシアトル へ (American Airlines)
  • 10月27日、シアトルからロサンゼルス経由でシドニーへ (American Airlines)
  • 11月4日、シドニーからメルボルンへ (Qantas)
  • 11月7日、メルボルンからアデレードへ (The Overland)
  • 11月13日、アデレードからメルボルンへ (The Overland)
  • 11月14日、メルボルンからタスマニアへ (Spirit of Tasmania)
  • 11月28日、タスマニアからメルボルンへ (Spirit of Tasmania)
  • 12月1日、メルボルンから東京経由で岡山へ (JAL)

ワンワールドの航空チケット以外は現地で手配しました。今回はインターネット経由でほとんど予約しましたが、日本語に翻訳されているホームページであっても翻訳がおかしかったり機能していない場合があるので、元のホームページから予約する方が確実でしょう。

それから忘れずに海外旅行保険に入ってから出発しましょう。

ウォルター=カーリントンとシーン=キャリーがおこなった会話をまとめたもの。FM=アレクサンダーの著作に関連してアレクサンダーテクニーク(AT)を説明しています。

本書では、アレクサンダーの著作を題材にした質問に対するカーリントンの答えやエピソードを返しています。アレクサンダーと長くかかわってきた彼だから知っているエピソードもあります。アレクサンダーの作品集を事前に読んでから本書に当たると、楽しめることでしょう。

本書はMouritzから購入可能です。

Ron Brown著、FM=アレクサンダーの著作集の要約です。本文はアレクサンダー本人によるチェックがおこなわれました。アレクサンダーの著作集と比べれるとかなり短くまとめられており、彼の文章に不慣れな方でも、こちらは容易に読むことができるかもしれません。

本書によってアレクサンダーの主張全体を把握することができるかもしれません。しかし彼の理論と実践を詳細に理解するには不十分なので、原書を読む必要はあります。アレクサンダーの著作集を読む参考書として利用できるでしょう。

購入はネット通販で可能ですが、本来の価格よりも高額で取引されています。英国のSociety of Teachers of the Alexander Techniqueに問い合わせることで本来の価格(+送料)で購入できますが、銀行口座による海外送金か電話によるクレジットカード払いに限られています。

FMアレクサンダーの著作は難しいと以前から言われていますが、それを読むための手引き書があります。Catherine Kettrickさんによるこの手引き書は、アレクサンダーの4冊の著作に質問形式で読み解くようになっています。Centerline Pressが出版したアレクサンダーの著作集を基にしているため、ページ番号や章が現在利用可能な版とは異なっているので随時読み替える必要があります。旧版と新版の比較はMouritz出版のCream版が参考になります。

質問形式は、書面に書いてあることを読んでいくStudy Questionsと議論をするThought Questionsがあります。アレクサンダーの著作集解説するものではないですが、これらの質問を参考に読み進めることで理解するヒントを得られるかもしれません。

現在は絶版ですが、ホームページ上で公開されています。(両方同じ)

F. M.=アレクサンダーの生涯において、最も有名な裁判沙汰の記録です。本書は1948年9月24日付の全11巻ある原本から書き起こされました。Blochの伝記ではいくらか抜粋されています。証人の証言や手紙など当該裁判で提出された証拠資料も掲載されています。裁判の経過も詳細にわかることでしょう。Mouritz版には付録がついており、裁判の後に公表された関連記事の掲載などがあります。

アレクサンダーの生涯における裁判沙汰の中でも、当該裁判はアレクサンダーのワークに対する名誉毀損を訴えで、ワークに関連するところでは重要な事件です。これまで抜粋や概要は手軽に読むことができましたが、裁判開始の経緯から判決までを完全に読めるものは一般向けにありませんでした。ページ数は1,000を越えるため時間がかかるかもしれませんが、裁判の全容を知ることができます。

電子書籍(PDF)のみの販売になっています。しかし用語検索やコピーなど電子書籍ならではの調査方法が利用できます。

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター