Blog

ブログ

どうしても時間が空いてしまう日もあります。そんなときに観光をしました。

ロンドン郊外にあるグリニッジ天文台へ電車とバスで行きました。現在は資料館です。

24時間時計(グリニッジ)24時間時計(グリニッジ)

その他にいくつか公園に立ち寄りました。例えば、アレクサンダー・ジャーナルの子どもたちの記事で登場するセント・ジェームズ・パークはウェストミンスター駅も近く、そのすぐ西側にはバッキンガム宮殿があります。この付近にはグリーン・パークなど他にも公園があります。日本だと野良猫をよく見かけますが、こちらではリスをよく見かけました。

セント・ジェームズ・パーク(ロンドン)セント・ジェームズ・パーク(ロンドン)
リージェンツ・パークのリス(ロンドン)リージェンツ・パークのリス(ロンドン)

その他に博物館や動物園など現地でしか観られないものを探して観光しました。

STATアーカイブズを利用するために英国のアレクサンダーテクニーク教師組合の事務所に行ってきました。アポイントのためにやり取りしていた方はお休みで、別の事務局員の方が対応してくださいました。ビルの中にある事務所なので、外からインターホンで呼んで外の扉を開けてもらいました。今回の旅の中でこれは初めて。

STATが発行する会報誌をいくつか見ました。晩年のアレクサンダーから受けた生徒の報告記事などもあります。会報誌は会員かサポーターでないと手に入らないものです。それから帰り際に、アレクサンダージャーナルの1号と2号のコピーやいくつか書籍を購入しました。こちらは日本からでも購入できますが、支払い方法や手数料を考えるとこちらの方が簡単です。

STATはアレクサンダーの死後、1960年代にまとまり始めて成立した英国の教師組合です。教師組合の案自体は第二次大戦後からありましたが、アレクサンダーがそれを拒否していました。現在ではいくつかの国に提携協会がありますが、日本にはまだありません。またSTAT提携の学校を卒業しなければ会員にもなれないので、今後も関わりは歴史調査ぐらいでしかないでしょうね。

9月後半にウォルター=カーリントン・アーカイブズに行ってきました。FMアレクサンダーの死後に起きた継承に関する裁判とアレクサンダー・タイムズ、当時の写真などを見てきました。アレクサンダー・タイムズはそのあとすぐに出版されました。

FMの死後、バーモント=アレクサンダーがアレクサンダー教師の認定する権利やFMの著作権を引き継ぎ、パトリック=マクドナルドをアシュリープレイスに呼んで教師養成コースを継続しました。その後バーモントは他の教師と「アレクサンダーテクニーク」の使用権や認定制度の権利で裁判となり、著作権以外は解放されることになりました。そして英国内の教師たちの努力によってSTATがまとめ役となり、ATの学校の基準が定められました。

他にもFMの手紙がありますがタイムリミットとなって、またいつかの機会になりました。でも筆記体で書かれているので、読めたとしても時間は足りなかったでしょう。

スイング暴動の後、マサイアス・アレクサンダー(FMアレクサンダーの祖父)は、ウィルトシャー特別委員会がソールズベリー(ニューサラム)で組織されるまで裁判のために拘留されていました。特別委員会はソールズベリーのギルドホールで組織されました。

ギルドホールギルドホール

ソールズベリーにある大聖堂は1220年から1330年までに順番に建築されました。123メートルある尖塔はイギリスで最長らしいです。大聖堂ではマグナカルタが一般公開されていました。

ソールズベリー大聖堂ソールズベリー大聖堂

訪れた当時のソールズベリーはちょっとした屋台みたいなものもありました。

アレクサンダーテクニークの成り立ちが演劇を元にしているだけあって、イギリスの演劇界ではアレクサンダーテクニークが採用されています。

失声という問題を解決する過程で発見した手法を徐々に発展させたアレクサンダーは、渡英後に脚本を共作したり俳優のレッスンや前述の演劇に出演もしました。おそらく1910年の人類の最高遺産が出る前までは呼吸に関することが主な内容でした。そこから意識調整を経て、アレクサンダーテクニークの基礎を作った教師養成コースが開始されます。1930年代に教師養成コースの第一期生は「ベニスの商人」と「ハムレット」を公演しました。中には不満に思った練習生もいたようでした。当時はOld Vicなどの劇場を借りて公演しました。現在は建て替えや修繕などで形が変わっているものがあります。

Old Vic (2017年8月)Old Vic (2017年8月)

ロンドン滞在最後にはグローブ座で「ブーディカ」と「空騒ぎ」を観覧しました。両方ともステージの目の前で立ち見しました。開幕前に話した人はニューヨークから来たそうです。もちろんグローブ座でもアレクサンダーテクニークが採用されています。

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター