アレクサンダー探訪(6) オランダ王国へ - 2021年08月04日 02:02

意識的調整実践センター

アレクサンダー探訪(6) オランダ王国へ

(更新:) by tomo

イギリス滞在中の合間にオランダのスキン・オプ・グールに訪問しました。目的はFM関連で博士論文を書いたスターリン博士に会うためです。彼は2005年にその論文で医学博士号を取得しました。論文自体は著者からの購入なので日本からだと入手は難しいかもしれません。

9月11日早朝、ロンドンのスタンステッド空港からオランダのアイントホーフェン空港まで、ライアンエアー1で行きました。スターリン博士が空港まで向かいにくてくれて、アイントホーフェンの街を経由してバスと電車でスキン・オプ・グールまで行きました。博士によればスキン・オプ・グールは若者が年々少なくなっており、買い物は電車で隣の駅に行く必要があるそうです。

博士のお宅に到着したのはお昼頃で、さっそく資料を見せてもらいました。10日まで14日まで毎日通い、終日大量の資料と格闘していました。お店もないためお昼ご飯もごちそうになり、最終日にはレストランでオランダ料理をいただきました。食事中にはワークや論文について話しましたが、AT教師でわざわざ訪ねに来た人はいないそうでした。また、AT教師はまじめすぎて面白さが足りない、コミュニティは閉鎖的で研究者と共同しにくいとも言っていました。

博士は現在もATの歴史に関する論文をいくつか発表しています。再度イギリスに帰った後にFMの脚本を探しました。


  1. 出国前にチケットの印刷やVISAチェックのお忘れにご注意を。 ↩︎