ウォルター=カーリントン・アーカイブズ

2018/07/08
2019/01/11

9月後半にウォルター=カーリントン・アーカイブズに行ってきました。FMアレクサンダーの死後に起きた継承に関する裁判とアレクサンダー・タイムズ、当時の写真などを見てきました。アレクサンダー・タイムズはそのあとすぐに出版されました。

FMの死後、バーモント=アレクサンダーがアレクサンダー教師の認定する権利やFMの著作権を引き継ぎ、パトリック=マクドナルドをアシュリープレイスに呼んで教師養成コースを継続しました。その後バーモントは他の教師と「アレクサンダーテクニーク」の使用権や認定制度の権利で裁判となり、著作権以外は解放されることになりました。そして英国内の教師たちの努力によってSTATがまとめ役となり、ATの学校の基準が定められました。

他にもFMの手紙がありますがタイムリミットとなって、またいつかの機会になりました。でも筆記体で書かれているので、読めたとしても時間は足りなかったでしょう。