Blog

ニューヨーク

9月末にイギリスを離れ今度はアメリカへ行きました。アメリカは、ニューヨーク、アーバナ、シアトルを訪問しました。ニューヨークに到着した日には、ブルックリン橋でデモ活動がおこなわれていたり、別の施設の前ではテレビドラマかCMを撮影していました。

アレクサンダーの歴史的なところで言えば、ニューヨークは第一次世界大戦以降、FMがアメリカに疎開した時の滞在先の一つです。イギリスに渡ったFMが教えた初期の生徒であるマーガレット・ナウムブルグが住んでおり、最初の世話役を彼女がしました。そして彼女の交友関係でジョン・デューイとFMは知り合うことができました。後に彼女はフリースクールを運営し、アメリカに疎開していたFM達もそこで教える機会がありました。

「人類の最高遺産」の改訂版が1918年に発売されましたが、そこで話題となっている子どもの学校は、彼女の学校のことだと思われます。ナウムブルグの著作には彼女と教授との会話の中でFMが登場しますが、それ以降あまり話題にあがりませんでした。アメリカでの生徒は、アカデミック関係が徐々に増え、科学調査をしたいという人もいました。しかし、FM自身が却下し、それらはことごとく頓挫しました。その後にウィルフレッド・バーロウ博士(イギリス)やフランク・ピアス・ジョーンズ博士(アメリカ)が科学調査をおこなっていき、多量の論文を発表しています。

ニューヨークのアレクサンダー遺跡は残っていません。WW2によって疎開していたころに彼が滞在していたホテルは別のホテルになっており、建て替えもされています。あるとすれば株式取引所です。彼は株でも儲けていたようですが、ウォール街ショックによる影響を受けました。

ボストンまで足を延ばせばストーの家や滞在していたホテルが残っていますが、今回は行きませんでした。


投稿日:2018/07/29

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター