アーバナ

2018/08/19
2019/01/11

ニューヨークの次はイリノイ州アーバナに行きました。Alexander's Wayの著者に会ってレッスンを受けました。彼はウォルター・カーリントンの学校の卒業生で、ATを学んだ経緯を教えてもらいながらのレッスンでした。レッスンを受けたあとは、アレクサンダー関連の資料を見せてもらいました。多くは所有しているものでしたが、その学校が独自に編集した冊子もあって興味深いです。いくつか資料もいただきました。

イリノイ州に寄った2つ目の目的は、デューイの書簡集を見ることでした。学生時代に学校の図書館にリクエストしたら、高いからダメだ、と言われ国内ではずっと見られませんでした。南イリノイ大学カーボンデール校の図書館にいくつもりで見れるかどうかと言わさせてみたら、電子版が近所の大学で見られるからこちらにくるより探してみたらどうだ、ということでした。それでアーバナ大学の図書館を調べたら、電子版が所蔵されており学内のパソコンから利用できることと一般の人でも図書館が利用できることがわかりました。

カーボンデール行きをキャンセルし、残りの滞在期間をデューイの書簡集を見るために過ごしました。アレクサンダーやFPジョーンズとの書簡があり、興味深いものです。『人類の最高遺産』にあるボーン・デューイ論争の後に書かれた、近年発見されたボーンの手紙もありました。しかしデューイが受け取ったかは不明です。

アーバナ滞在が終わったらシカゴに行きました。

研究

FMアレクサンダー, 調査2017, 旅行, アメリカ