Blog

シアトル

アメリカの旅の最後にシアトルに行きました。シアトルに在住されているAT教師のキャサリン=ケトリックさんに会いました。彼女の作成したスタディガイドはアレクサンダーの本を読む教材としてお世話になっています。また彼女は第1世代の教師マージョリー=バーストーの合宿の世話役を長年勤めていらっしゃと聞いています。

彼女のところへは全部で2日行きました。1日目は教師養成コースの授業に参加しました。国土の広いアメリカでは遠方の練習生が多いようで、今回の授業はスカイプを使っておこなうアレクサンダーの本に関するディスカッションでした。『いつでも穏やかに暮らすには』の「抑制」のところに関して議論しました。日本ではアレクサンダーの本を使って授業をしているところはATJ以外であまり知りませんが、他にどこかでやっているのでしょうか。読んだことがないとか知らない教師の方が会った中では人数的に多いです。来年にはFMの著作が全て日本語で読めるようになっていると嬉しいです。

二日目は声楽の人との授業にお邪魔しました。チェアワークとかライダウンとか手順から始まるのではなく、「今日は何したいか」という質問から授業は始まります。こちらではアクティビティを利用したワークをおこなっています。伝統的なスタイルで授業を行う学校とそうでない学校で比較されることが多くありますが、原理が理解されていれば手順でもアクティビティでもATというかFMのワークは学ぶことができると思っています。

ここでのミッションはもう一つ。『自己の使い方』にあるマージョリー=バーストー(マージ)の紹介文の著作権保持者を探すことでした。Centerlin Press社はすでに存在がなくなっており、マージの著作権保持者も不明でした。出版社が出した本自体の著作権は切れていてもマージの著作権は生きています。結局、その場では解決できませんでしたが、今年の夏に保持者がわかって権利を得ることができました。

もうすぐ『自己の使い方』も本屋で買えることになります。岡山教室には他にもマージの書いた記事・インタビュー・ワークショップのビデオがあります。


投稿日:2018/09/16

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター