第一世代教師の認定証

一般に手に入る資料でFM氏についての調査をここ数年しています。興味がある方は参考資料で確認可能です。

第一世代の認定証が掲載されている書籍がいくつかあります。手元にある資料では、パトリック=マクドナルド氏とエリザベス=ウォーカー氏のものを見ることができます。もちろん「アレクサンダーテクニーク」という文言はありません。

This is to certify
that
Patrick John Macdonald
has completed
his three years' training in my
Teachers' Training Course
and is now qualified to teach the technique outlined in my books
"Man's Supreme Inheritance"
"Constructive Conscious Control of the Individual"
and "The Use of the Self".

訳すと、

この認定は、
パトリック・ジョン・マクドナルドの完了した
3年間の訓練を教師養成コースで終えたこと、
そしてこのたび与えられた教授するテクニークの資格があることを示す、
その概要は私の著作にある、
「人類の最高遺産」
「建設的に意識調整するヒト」
「自己の使い方」

同様の文面でエリザベス=ウォーカー氏のものには、

(パトリック・ジョン・マクドナルドがヘレン・エリザベス・ウォーカーになっており残りの文は同様のもの)
・・・
その概要は私の著作にある、
「人類の最高遺産」
「建設的に意識調整するヒト」
「自己の使い方」
「いつでも穏やかに暮らすには」

マクドナルド氏は1935年、ウォーカー氏は1947年の認定なので、FM氏の4冊目Universal Constant of Living(1941)が追加されています。

「建設的に意識調整するヒト」は見直し中でもうしばらくかかりますが、すでに「人類の最高遺産」と「自己の使い方」が日本語で読めます。アレクサンダーテクニークの基礎について興味のある方は是非FM氏の著作をお薦めしています。難文だとか悪文だとか言われているようですが、これまで日本語版がないために読めなかったアレクサンダー教師も日本語版になったことで読んでいるはずなので、実際にレッスンに行って実践と共にご質問されると理解はより深まるかもしれません。

そういえばペギー(第一世代の教師)がこんなことを言っています。

だからとても残念に思うことがあって、非常に多くの若い教師達が一度もアレクサンダー氏の4作品を読んだことがないのよ。

Peggy Williams - EXPLAINING THE ALEXANDER TECHNIQUE by Walter Carrington and Sean Careyの序文から

初版は1992年とのこと。この紹介はまた別に。

参考資料

  • Patrick J. Macdonald 2015 "The Alexander Technique AS I SEE IT" Mouritz
  • Elizabeth Walker 2014 "Forward and Away" Mouritz
2013 - 2017 意識的調整実践センター