Conscious Control

"Conscious Control"は1912年初版、1918年版『人類の最高遺産』第二部のもとになった著作です。2015年にアイルランドのAlexander Technique Center, Irelandから再版されました。商品ページの説明では「F.M.アレクサンダーが実は書いていたのは5冊の著作であり、4冊ではない。この本は元々1912年の出版(『人類の最高遺産』の後で、『建設的に意識調整するヒト』の前)であり、すぐに絶版になった。」とあります。しかし『人類の最高遺産』の第二部として1918年版に統合されており、それ以降も読むことができました。この著作が発表されてからアレクサンダーの人生に絡んでくる重要な女性達、エセル=ウェブ、アイリーン=タスカー、マーガレット=ナウムブルクが現れます。

彼女ら三人は第一期モンテッソーリ国際教師養成コース(1913年)の同級生です。ウェブは本書を読んだ後にレッスンを受けてから、約半世紀にわたってアレクサンダーの秘書・アシスタントをしていました。ウェブは'Teaching Aphorisms'を書き残しています。タスカーはウェブの紹介でアレクサンダーのワークを知り、本書を読みました。レッスンを受けてから、アレクサンダーのアシスタントとなり、1924年に開校したリトル・スクールの校長をしました。後にタスカーは"Connecting Links"という非公式の講演をしています。ナウムブルクはレッスンを受けた後アメリカに帰り、アレクサンダーが米国訪問(1914年と1924年)の際に手助けをしました。レッスンができる場所を手配し、生徒を紹介することで米国におけるワークの実践を確立する手伝いをしています。彼女は"The Child and the World: Dialogues in Modern Education."を書いており、この中でアレクサンダーのワークについても言及しました。

タイトルの全文を見ると"Conscious Control in Relation to Human Evolution in Civilization"と書いてあり、これは1918年版『人類の最高遺産』の副題'Conscious Guidance and Control in Relation to Human Evolution in Civilization'に引き継がれているとわかります。『人類の最高遺産』の第一部に比べると、原理が簡潔にまとめてあり、容易に読みこなすことができます。しかし、これは1918年版以降の『人類の最高遺産』の第二部で読むことができるため、歴史的な資料として参照する以外で、これをわざわざ買う必要はないかもしれません。『人類の最高遺産』では"Conscious Control"の文章に加筆・修正され、新たに三つの章が追加されています。

購入する場合は、"Alexander Technique Centre, Ireland - Books by FM Alexander"にアクセスし、「Rest of World」を選択してからカートへ追加します。支払いはPaypalが使用できます。もしかしたら郵便記号(〒)について尋ねられるかもしれません。その時は、ただの記号であることと、郵便記号を取り除いた正確な住所を伝えてください。

2013 - 2017 意識的調整実践センター