F.M.アレクサンダーの書簡集

本日、F.M.アレクサンダーの書簡集が届きました。権利者との長い交渉でやっと出版にこぎつけたようです。購入はMouritzからできます。今までは伝記などだけで参照されているだけで一般的に読めなかったものが、公開されたということです。

書簡集が制作中という情報は、数年前からありました。実際、アレクサンダーの手紙について先達の研究者に尋ねると、Letters & Lecturesがあると言われましたが、そのようなものは出版されておらず、Articles & Lecturesを指しているのだと思います。

今回、問い合わせがあり、イギリスのナショナルアーカイブスで発見したアレクサンダーの手紙を情報と一緒に私も編集者へ提供しました。この手紙に関する記事をアレクサンダージャーナルに投稿したので、そのうち発表されると思うのですが、なにぶん不定期発行なため、いつ出版されるのか不明です。出版後は、翻訳してどこかで発表します。英語の添削や書き起こしは現地の方に手伝っていただきました。

さて、アレクサンダーはかなり手紙を書いていた人で、1916年~1955年まで600通以上が収録されています。

人種差別が注目されている近年ですが、戦時中の手紙では枢軸国に対して蔑称も当然使っています。「ジャップ」が代表的です。しかし、当時の日本でも敵国に対して蔑称を使っていたことがあるくらいなので、おあいこではないでしょうか。

これらの手紙は、アレクサンダーの新たな歴史的側面に光を当てることになるはずです。

関連記事

イベント情報

ワークショップの詳細はこちら

2020年ワークショップ
タイトル開催日開始時間終了時間
夕方ワーク12月04日 (金)18:0019:30
夕方ワーク12月11日 (金)18:0019:30
はじめての意識調整12月12日 (土)14:0015:30
夕方ワーク12月18日 (金)18:0019:30
夕方ワーク12月25日 (金)18:0019:30
はじめての意識調整12月26日 (土)14:0015:30
2020年06月20日
研究
歴史,手紙,F.M.アレクサンダー
facebook hatena_bookmark pocket mail
https://conscious-control.jp/?r=95
© 2020 意識的調整実践センター
https://conscious-control.jp/blog/fms-letters.html