文部科学省全国フリースクール等フォーラムに行ってきました

youtubeサムネイル
下村文部科学大臣会見(平成26年11月25日)

(画像をクリックすると再生します)

24日に開催されたこのフォーラムは、文部科学省主催です。参加者も多く、北海道から沖縄まで全国から集まっていました。今回はATJエスクールのスタッフということで参加しました。

大臣の挨拶にて、文科省としては数年内にフリースクール等に対する支援体制を作りたいということだそうです。この支援は安倍総理が教育改革の1つとして挙げているとのことで、もし大臣が代わっても議論は継続されていくだろうという話でした。

事例発表では、子ども達が卒業したり学校に戻ったりするほど財政状況が悪くなることと、地域から支援をしてもらいたい子ども達が集まるために受け入れることができず、その地域の不登校者数がむしろ増えてしまう現象が起きているということでした。

事例発表が長引いて講演は時間も少なかったのですが、オルタナティブ教育の国際比較など持続可能な開発のための教育(ESD)についての話は個人的に興味深かったです。

フォーラム終了時間が過ぎてしまい、意見交換は10分ほどで終わってしまいましたが、フリースクール等に通う子ども達への理解や学校への支援に対する意見が主でした。終了後に、担当の方が意見を聞く時間を取っていました。

ちょっと調べたところ、以前から個々に支援をして受ける教育を本人や保護者が自由選択するという教育バウチャーについて議論しているようです。まだ議論の段階ですが、 実質的に教育の規制緩和になれば、今後アレクサンダーテクニークも参入しやすくなるかもしれません。日本ではボーディワークと思われがちですが、そもそも教育ですからね。

ATJエスクールではアレクサンダーテクニークなどの機能的に改善する手法で、子どもの「健康な心とからだ」を育みます。岡山では来年から開校する予定です。

2013 - 2017 意識的調整実践センター