ロンドン旅行-交通博物館

前回の続き。交通の歴史の他、古い地図もあるとのことだったのでロンドン交通博物館に行きました。(London Transport Museum)

ロンドン交通博物館

最初に地下鉄(Underground・Tube)が開業したのは1863年、現在のヴィクトリア駅を通過するDistrict Lineは、1868年にSouth KensingtonとWestminsterとの間で開通しています。1890年には電動の地下鉄が世界で初めて開設されたとか。FM氏がロンドンに来た1904年ごろでも交通手段は充実していたようです。このときはまだ馬車も走っていて二階建てでした。

現在の市内を回る交通手段は、地下鉄・電車・バス・船・タクシーなどがあります。

車道
市内のバス

レンタルサイクルも整備されているようで、各地には駐輪場がありました。街には現在地とその周辺がわかる地図も多く点在しています。

レンタルサイクル

目的にしていた都市の地図はありませんでしたが1900年の鉄道網図がありました。ヴィクトリア駅もあります。

1900年の鉄道網
現在のTube車両

一階は歴代の車両模型(バス・電車など)が展示してありました。その他、切符・車両広告・車両デザインの歴史などもあります。オンラインミュージアムでは写真や映像を見られるので、また参考にできるでしょう。(ウェストミンスター地区:Location - City of Westminster)

FM氏が暮らしていたところは大都会でした。

2013 - 2017 意識的調整実践センター