ロンドン旅行-グローブ座

グローブ座(Shakespeare's Globe)に行きました。


グローブ座入り口

St. Paul's Stationから降りて南に向かい、ミレニアムブリッジを通ってテムズ川を渡りました。


テムズ川(ミレニアムブリッジから)

グローブ座(ミレニアムブリッジから)

劇場は白い円筒型の建物になっています。シェイクスピアの多くの戯曲が初演されました。現在は当時の劇場を再現して建てられています。


グローブ座

観覧した演目は「マクベス」でシェイクスピアの四大悲劇の一つです。途中で観覧者が倒れるトラブルもありましたが、役者の方がアドリブで収めていました。今回は予約が遅くLower Galleryだったので、次回は観覧する機会があればYardで立ち見したいと思っています。結果的には良い席から観ることができました。


劇場内

劇場内

マクベスのプログラムをみるとスタッフの中に「Globe associate - Movement」と書かれており、アレクサンダーテクニークの教師がいることがわかります。イギリスではその他に演劇学校や音楽学校などで授業もおこなわれています。


プログラム

FM氏はオーストラリア時代、ロンドンに行く前のさよならツアーで「ヴェニスの商人」と「ハムレット」を公演し、氏の監督するトレーニングコースでもその二つの戯曲を練習生達は演じることになりました。それよりもっと前の朗誦家時代ではシェイクスピアの朗唱・一人芝居をおこなっています。さらにさかのぼって子ども時代だと、小学校に行かなくなったFM少年はロバートソン先生にシェイクスピアを教わり、演劇に興味を持ち始めました。少年時代については以前にさわりだけ書いています(F.M.アレクサンダー:少年時代)。

2013 - 2017 意識的調整実践センター