ロンドン旅行-楽器博物館(RCM・RAM)

王立音楽大学(Royal College of Music・RCM)と王立音楽アカデミー(Royal Academy of Music・RAM)の楽器博物館へ行きました。RCMはアルバートホールのそばにあり、学校の中に楽器博物館があります。しかし再建中だったため2019年以降でないと入ることはできませんでした。残念…。

さて、RCMではアレクサンダーテクニークの授業が導入されています。(Alexander Technique and Aural Classes | Royal College of Music)1949年にウィルフレッド=バーロー博士と博士の妻マージョリーがアルバートホールの近くに移り住んだ際、RCMの生徒のレッスンをしていたと、Research at The Royal College of Musicという記事で書いてます。そのときレッスンを受けていた生徒さんはシンガーだったそうです。細かい実験内容は論文を参照してもらうとして、当時の実験は一つのグループ50人のボランティアに協力を得てアレクサンダーテクニークの再教育をおこなったとあります。結果は「アレクサンダーテクニークを受けた生徒の身体的な使い方には改善があり、全国音楽コンテストで大きな成功を8名の生徒が得た。そのうちの6名がセミファイナルを抜け、そのうちの1名が勝者となった(Wilfred Barlow, More Talk of Alexander(ed. Wilfred Barlow, 2005), pp.204-210)」とあります。


アルバートホール

王立音楽大学(RCM)

楽器博物館は観れませんでしたが、電子化が現在されています。

RCMの博物館はあきらめてRAMの楽器博物館にいきました。Baker Street StationからRegemt's Park Stationへ向かう間にあります。


王立音楽アカデミー(RAM)

王立音楽アカデミー博物館

一階にはRAMの歴史と特別展がありました。RAMは英国で最も古い音楽学校になります。特別展はヴァイオリン奏者のユーディ=メニューイン氏でした。

youtubeサムネイル
ユーディ=メニューイン

(画像をクリックすると再生します)

二階は弦楽器の展示です。ストラディヴァリなど歴史的な弦楽器やパガニーニの肖像画など。三階はピアノの展示で17世紀からのものが見られます。家庭用・ステージ用と年代順に並んでいました。こちらは観光客がよく行くような観光地でもないのでほとんど入館者はおらず、ゆっくり観ることができました。二階・三階共に工房がありワークショップが開催されるようですが、その日は不在でした。


二階の展示

三階の展示

RAMでもアレクサンダーテクニークが導入されています。(Alexander Technique - Royal Academy of Music)ここではすべての学生が一年の間、個人レッスンを受講するようになっています。英国の多くの音楽学校ではアレクサンダーテクニークを導入されています。日本でも最近は音楽家の方に知られてくるようになったようで、講座なども開かれているようです。岡山では教室開講以来ずっと演奏家向けのレッスンもおこなっています。

次回こそはRCMの楽器博物館に…。

2013 - 2017 意識的調整実践センター