Man's Supreme Inheritance

F.M.=アレクサンダー著"Man's Supreme Inheritance"、彼が原理を解説するために当時の社会状況・教育・食事・環境など様々な観点から考察しています。1910年に初版が発表、1911年に"Man's Supreme Inheritance:Addenda"(補遺)、1912年に"Conscious Control"が続けて出版されました。アレクサンダーは四冊の著作を残していますが、この一冊目は他の三冊に比べると読みにくい部類に入ると思います。

1918年にアシスタントの手を借りながら米国で、1910年・1911年・1912年の出版物と1907年に発表した論文"The Theory and Practice of a New Method of Repiratory Re-Education"を一つにまとめ修正し、"Man's Supereme Inheritance"に二つの章を、"Conscious Control"に三つの章を新たに加えて発表、副題は'Conscious Guidance and Control in Relation to Human Evolution in Civilization'とつけられました。この1918年版にジョン=デューイは巻頭言を書いています。1946年にアレクサンダーによる最終校訂がなされました。

本書を見ていくと、1918年米国版に向けたランドルフ=ボーンの書評に対し、デューイは反論する手紙を送っています。また「別の書簡」としてこれもボーン宛で書かれました。Mouritz版(Cream)と日本語版『人類の最高遺産』にはこれらの全文が掲載されています。掲載されている内容だけ読むとデューイの反論に対するボーンの返答がないので、デューイらが勝ち逃げしたように見えます。しかし実際には、その間にも個人的なやりとりをおこない、先述の「別の書簡」の返事も下書きが発見されています。

本書の第一部では人類の文明化と意識的調整の必要性が考察されており、これまでの治療法がうまくいかない理由・動物と人類を分けるinhibition(抑制)とは・意識的調整とその応用・習慣的な思考が及ぶ肉体・教育と国家などアレクサンダーの原理の土台となるものです。特にこの部では時代背景や当時の編集長が優生学を熱心に支持していたという話もあり、現代にそぐわない考え方や発言が現れます。「FM=アレクサンダーは人種差別主義者なのか?」という議論もあるほどです。それでも「なぜアレクサンダーテクニーク(AT)が必要になるのか」、その理由が書かれており、学習者にとっては非常に重要です。

第二部では意識的な指導と調整とはどのような道筋になるのか、どのように練習するのかなど、アレクサンダーの原理を短くまとめてあります。特に始めてATを習得したいと考えている方にとっては必要です。彼は四つの段階を言っています。「1.概念として必要な動きを知る、そうすると、2.抑制になり、間違った先入観に基づく考えが潜在意識的に提示されるやり方はなくなるし、ひとつもしくは一連の動きで行為せずにすむ、そうすると、3.新しい意識に精神的指令を組んだ動きで、筋肉機構に必須となる正確な行為を動作する、そうして、4.動作(収縮と伸張)が筋肉で運用されるように精神的指令が起きる。(人類の最高遺産、風媒社、2015、pp.193-194)」この段階の詳細な解説は本文に書いてあります。

第三部は呼吸の再教育について、1907年のこの論文で初めて「a position of mechanical advantage・ある姿勢で機構的に有利になる」が登場します。呼吸の論文を取り上げたのは、おそらくアレクサンダーが俳優で失声の問題を抱えていた背景が影響していると思われます。またこの論文の発表当時は呼吸の教師としても知られていました。

現在入手可能なものはいくつかありますが、Mouritz出版(ネットショップ)から購入できるCream版とWhite版、風媒社出版の日本語版(風媒社・人類の最高遺産)が最新の校訂版に近いでしょう。まずCream版には1910年版と1918年版を比較した書籍の変遷や書評など付録とインデックスがあります。White版には付録もインデックスもなく、1946年版のアレクサンダーの最終校訂に近い状態で出版されており、Cream版よりも安価になっています。原本と日本語版の違いは付録やインデックスを割愛した代わりに、彼の論文・講演集"Articles and Lectures "から'Autobiographical Sketch'と'Teaching Aphorisms'が付録として翻訳されています。この日本語版は風媒社から購入できる他、書店などでお取り寄せも可能です。

2013 - 2017 意識的調整実践センター