資料収集

当教室には2008年頃(大学3年)から約8年間こつこつ溜めてきたアレクサンダーテクニーク(AT)の資料があります。

初めてAT関連の本を購入した頃から8年も経てば、翻訳されたものや日本人教師が著したものも増え、書店で見かけることも増えました。近所には教師がいないけれどもATが気になる、レッスンを受ける前に本を読みたい、けれども何から読めばいいのかわからない、もしそんな人がいるとしたら(自分がそうだったので)資料を徐々に紹介していくことで役立てるかもしれないと思い始めました。そこでまずどんな過程を経て集めてきたか、というところから紹介します。

2008年前半、初めて手に取った本は『音楽家なら誰でも知っておきたい「からだ」のこと』でした。というのも大学時代の管楽器の講師に薦められたからです。初めて「ボディマッピング」と「アレクサンダーテクニーク」という言葉を知りました。このときボディマッピングとATの区別はついていませんでした。購入後にしばらくしてからボディマッピングの講座に数回参加しました。ボディマッピングやATへの関心は深まりましたが、自己改善の持続性は実感しませんでした。演奏の変化も一過性のものだと思いました。

2008年後半、絶版になっていたものも含めて当時日本語で出版されていたAT関連の著作を購入して読みました。ボディマッピングとATについて区別がまだついていないどころか、似たようなものだとますます混乱しました。それに内容もどれも似たようなもので納得できませんでした。

2009年前半The Alexander Technique: The Essential Writings of F. Matthias Alexanderを購入しました。端的にATの原理がわかるかと思っていました。このとき実際に知りたいことに近づいた気がしました。それから映像はないかと、ATを紹介するDVDをいくつか買いました。しかし「それで?」と、よくわからず納得できませんでした。当時はFM氏の著作を読むように強く薦めるような作品はなく、難文・悪文・難解で読みにくい本だと紹介されていたように思います。

2009年後半、結局ATを知るには本人の著作しかないと、FM氏の4冊の著作を購入しました。Amazonの購入履歴を見ると8月15日です。ここまでボディマッピングの受講経験から、ATについては「身体の使い方」だと思っていました。つまり、まだよくわかっていませんでした。しかし、いずれこれを教える人になりたいとは思っていました。この時点で長崎でATのワークショップがあること、練習生になりたい人が3人いれば教師養成コースを開始することがわかっていました。そして最初からAT教師になるつもりで初めてのレッスンを受けます。このとき様々な事情が重なって個人レッスンを1日丸々受ける機会に恵まれました。モヤモヤが増えたのか減ったのか、少なくともボディマッピングとATは違うとわかりました。ここまでの資料集めは主にAmazonを利用しました。

2010年、教師養成訓練が始まりました。このときには大学院でジョン=デューイの研究をするつもりだったので、2012年ごろまでFM氏とデューイ博士に関連する資料を集めます。デューイ博士の著作集や伝記、FM氏の著作や伝記を読みました。同時進行で日本デューイ学会会員の先生の下で学会の紀要を可能な限り集めてもらい、デューイの心身論と教育論に関連した小論文に目を通しました。しかしFM氏について言及されていたのはその中では一つだけだったと記憶しています。このころからAmazonで購入できないものが必要になったので、図書館や輸入代行に頼りました。

2010年から2013年教師養成コース卒業まで、トレーニング過程の中で、第一世代の教師(主にパトリック=マクドナルド・ウォルター=カーリントン・マージョリー=バーストーなど)とその流れについて聞いていましたが、実感したのはATKを通して2012年頃から他の教師の方と交流したときでした。それぞれに特徴がありアプローチの仕方が違うのだと、それはどこからやってくるのかと、日本で広がりつつある「アレクサンダーテクニーク」と「FM氏のワーク」と「第一世代のワーク」はどのような違いがあるのかと、そう思って調べていくと原理がより明快になるのではと考えました。しかしトレーニングと修士論文で余裕がなかったのと、漠然と考えていただけなので、その違いについて深く追求することはしていません。

2013年教室開始から2016年前半、トレーニングを修了したときにはFM氏はもちろん、直弟子の第一世代の教師は既にこの世にいません。教師になってからどうやってワークを発展させていくのかと考える中で、残された著作や映像を見ていくことで経験不足を多少は穴埋めできるヒントになるならと、FM氏だけでなく、第一世代の著作や映像も調査することにしました。ワークの紹介の仕方や実際の手順にはそれぞれ違いがあると実際に観察できます。その背景には彼らの個人史が当然関わっていることでしょう。この頃には、日本への発送がないもの以外は代行に頼らず、自分で購入できるようになっていました。また2016年には『建設的に意識調整するヒト』の翻訳が終わり、ATJ翻訳チームに提出しました。この頃には著者に直接連絡を取らなければならない文献や絶版になっているものを探し始めました。

翻訳と平行しながら文献調査は継続していました。そうやって収集しているうちにFM氏の著作が日本語で読めるようになっており、2012年にはThe Use of the Self(私家版・自己の使い方)、2015年にはMan's Supreme Inheritance(風媒社・人類の最高遺産)が出版されました。

2016年10月、様々な形態で資料は約100点を越えたので、簡単に入手できる資料に目処がつきました。では次は、Fredrick Matthias Alexander 1869-1955:The Origins and History of the Alexander Techniqueの著者Jeroen Staring氏に連絡を取り、論文などの著作を購入しました。質問などにも快く答えて頂き、往復通信の中から紹介する許可もしてもらいました。資料収集の次のステップが見えてきました。

「百聞は一見にしかず」といっても、「アレクサンダー」と冠された技術を習得しようと考えるなら、創始者本人の著作くらいは読んでおいても損することはないと思います。自分が初めてのレッスンを受ける前に創始者の本を手に入れたということは、他にもATのレッスンを受ける前にFM氏の著作を読もうとする方はきっといるはずです。馴染みのある言葉で書かれたものが分かり易いかと言えば核心部を省いてより混乱させているだけかもしれないし、難文・悪文で書かれたものが分かり難いかと言えばそもそも新しいことを学ぶのだから分かり難いはずで、体験が伴えば内容は明確になります。

2013 - 2017 意識的調整実践センター