資料紹介

アレクサンダー氏が最初の著作『人類の最高遺産』の出版が1910年だと考えれば、氏の作品は古典に分類されるでしょう。しかし創始者や第一世代の著作を読むことは、原理主義や修正主義というわけではなく、「温故知新」というコトワザがあるように、こういった資料の中で先輩教師達が悩み、問題提起し、考え抜いてきたことを知ることで、世代を超えて繰り返される問題を抑制できる新しいヒントになるのではないかと思っています。興味を持った人にとって、母国語か外国語か、難しいか簡単か、初心者向けか上級者向けか、その程度のことは関係ないでしょう。

教室で保有している資料一覧は参考資料にあります。これらは一部に留まっており、実際に来られて質問していただければ他にも提出できます。外国で発達してきた都合上、資料も英語によるものが多くなります。興味を持った作品を見つけて「辞書でも使ってどうにか読んでみたいけど、海外通販はちょっと・・・」とお考えの方は、個別であればワークの体験も含めて当教室でご相談にのることもできます。

そういった資料を紹介したいと考えた理由は、初めてATを学ぼうとしたときに「何か資料はないかな、誰か紹介していないかな」とずっと思っていたからです。しかし、2016年現在になっても紹介している方が中々見つかりません。したがって、かつての自分のように、ATをもっとよく調べたい人が他にもいるのならば何か助けになるのでは、とそんな風に思った次第です。「本で既に書いてあることぐらいは誰でも知っておいていいじゃん」と、そう考えていますが、注意が必要です。アレクサンダー氏は次のように言っています。

仮に全ての教科書に精通したとしても大概は、自習だけで自動車の運転が出来るようにはならないし、ゴルフもスキーもムリだろうし、習得したいものが比較的簡単な科目であっても、例えば地理学・歴史学・算数などでも、教師の手助けなしには難しいだろう。

私家版『自己の使い方』、p.33

いくら知識を所有したとしても体験がなければ道具の使い方もわかりません。少なくとも創始者本人の著作ぐらいは、レッスンを受ける前に予習しても進行の妨げにはならないでしょうし、むしろより早く進行できます。わからないことがあれば教師に質問できますし、それを基に発展したワークを受けられるでしょう。その後、復習すればなおさら理解できるようになります。アレクサンダー氏の著作を読むことで、もしレッスンを受ける気になったとしたら、とても喜ばしいことなので、どうぞご近所のAT教師のところへご連絡してください。

資料紹介の優先順位は下記のようになっています。

  1. アレクサンダー氏の著作
  2. アレクサンダー氏の伝記
  3. アレクサンダー氏に関連するその他の資料
  4. 第一世代の著作
  5. 第一世代に関連するその他の資料
  6. その他

これらの優先順位を考慮していくと、日本語で書かれた資料の紹介は後回しになりますし、いつになるかもわかりません。

これまで集めてきた資料は100点以上になり、全て当教室で保管されておりますが、資料の購入代行・複写・貸し出しはおこなっていません。入手方法など詳細をお問い合わせ頂いても個別に対応できない場合があります。当教室に相談していただいても良いですが、まずは地元のAT教師に相談されるのはいかがでしょうか。

ATが発達した本国の教師協会では資料の収集と管理をしており、会員は気軽に参照できます。しかし日本ではこういった機能がありません。従って、日本にいながら資料が参照できることは非常に重要だと考えています。紹介していく中で、誰かに一つぐらいは興味が湧くものがあれば、資料紹介をする意味は大いにあると思っています。

2013 - 2017 意識的調整実践センター