アレクサンダー研究ノート
発見者としてとりあげてもらいました

発見者としてとりあげてもらいました

去年9月頃に、アレクサンダーの投書を新しく発見しました。既存の伝記では引用されていないことを確認して、オランダの研究者にメールを送り、史料の存在を知らせました。 以前、英語で記事を書いたときに大変な思いをしたので、今回はインターネットで見つけた都合上、スピード重視で発見者として名前を言及してもらい、後はお任せすることにしました。その論文は下記のリンクから読めます。 Stories about New Avenues to Do R...

2020年05月16日

by tomo

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の本を調査してきました。一番古くは1919年に刷られたアメリカ版のMan's Supreme Inheritanceです。他にイギリスから寄贈された本もありました。 Man's Supreme Inheritance (1919) 1919年版Man's Supreme Inheritanceは1920年に購求されていました。1919年にジョン=デューイが訪日しており、もしかしたらその関係かもしれません。 訪日中の日記は出版されており、伝統文化を見学したときのことを著して...

2020年03月01日

by tomo

F.M. アレクサンダーの教師

F.M. アレクサンダーの教師

1880年代にFMアレクサンダー(FM)には二人の教師がいました。 『自己の使い方』で登場する「足の裏で床を掴むように」と指示した俳優ジェームズ=カスカート氏と発声法教師FWヒル氏です。 カスカート氏が劇団とともにウォラタ公演に来たときに、FMは彼と初めて会いました。FMがどの時点でカスカート氏に習ったのかはわかりませんが、おそらくこの時期でしょう。メルボルンに渡ってからはヒル氏に師事します。 1891年の新聞ではヒル...

2019年06月29日

by tomo

オーストラリアからビデオがやってきた

オーストラリアからビデオがやってきた

2017年の海外遠征からFMアレクサンダーの伝記を書いたロスリンさんと交流しています。彼女の家に訪問したときには多くの資料をもらいました。 今回は、彼女から廃棄予定のビデオテープを譲ってもらいました。シドニーのコングレスや80年代・90年代の特集の録画です。 映像自体はかなり劣化していますが音声はまだ生きているので、早めにデジタル化して保存する予定です。 Bruce Fertman Elisabeth Walker Dr. David Garlick Ca...

2019年04月08日

by tomo

FM書店がオープン

FM書店がオープン

正規版の『自己の使い方』の出版に合わせて、ATJのホームページにFM書店がオープンしました。 ATJの本は、紙媒体の書籍在庫がなくなり次第、今後は電子書籍へ向かうことになります。 現在、在庫は潤沢にありますが、それも数年のことでしょう。 しばらくして紙媒体が絶版しても、電子書籍を絶版させる予定はありません。 日本語でアレクサンダー氏の著作が読めることは、アレクサンダーテクニークを学ぶ人にとっては重要です...

2019年04月05日

by tomo