South African Libel Case 1948

F. M.=アレクサンダーの生涯において、最も有名な裁判沙汰の記録です。本書は1948年9月24日付の全11巻ある原本から書き起こされました。Blochの伝記ではいくらか抜粋されています。証人の証言や手紙など当該裁判で提出された証拠資料も掲載されています。裁判の経過も詳細にわかることでしょう。Mouritz版には付録がついており、裁判の後に公表された関連記事の掲載などがあります。

アレクサンダーの生涯における裁判沙汰の中でも、当該裁判はアレクサンダーのワークに対する名誉毀損を訴えで、ワークに関連するところでは重要な事件です。これまで抜粋や概要は手軽に読むことができましたが、裁判開始の経緯から判決までを完全に読めるものは一般向けにありませんでした。ページ数は1,000を越えるため時間がかかるかもしれませんが、裁判の全容を知ることができます。

電子書籍(PDF)のみの販売になっています(Mouritzネットショップ)。しかし用語検索やコピーなど電子書籍ならではの調査方法が利用できます。

2013 - 2017 意識的調整実践センター