アレクサンダー研究ノート

アレクサンダー研究メモ: 書籍

Gurney MacInnesとThe Use of the Self

Gurney MacInnesとThe Use of the Self

先日、FM氏の書名入り The Use of the Self を手に入れました。これは正規出版前に印刷されたもので出版年は書かれていません。1931年末ごろにアメリカで印刷されて、イギリスで製本されました。この版は、書評の依頼や親しい人への献本で使用されたものでしょう。 詳細は不明でしたが、中身を確認するとガーニー=マキニス氏が前の所有者でした。マキニス氏は1931年から始まった教師養成コースに参加しました。卒業後は主に個人レ...

2021年08月19日

by tomo

プリントオンデマンドにご注意を

プリントオンデマンドにご注意を

パブリックドメイン化された本が質の悪いスキャンで出回っています。FMの著作では以下の3冊がありました。 Man's Supreme Inheritance (1910) Man's Supreme Inheritance (1918) Consctructive Conscious Control (1923) この中には粗悪なコピー本もあります。1出版社名は複数あるのであげませんが、これらは単に図書館などでスキャンしただけの原稿をプリントオンデマンド(POD)で販売しているようです。価格も現在流通してい...

2020年07月28日

by tomo

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の本を調査してきました。一番古くは1919年に刷られたアメリカ版のMan's Supreme Inheritanceです。他にイギリスから寄贈された本もありました。 Man's Supreme Inheritance (1919) 1919年版Man's Supreme Inheritanceは1920年に購求されていました。1919年にジョン=デューイが訪日しており、もしかしたらその関係かもしれません。 訪日中の日記は出版されており、伝統文化を見学したときのことを著して...

2020年03月01日

by tomo

FM書店がオープン

FM書店がオープン

正規版の『自己の使い方』の出版に合わせて、ATJのホームページにFM書店がオープンしました。 ATJの本は、紙媒体の書籍在庫がなくなり次第、今後は電子書籍へ向かうことになります。 現在、在庫は潤沢にありますが、それも数年のことでしょう。 しばらくして紙媒体が絶版しても、電子書籍を絶版させる予定はありません。 日本語でアレクサンダー氏の著作が読めることは、アレクサンダーテクニークを学ぶ人にとっては重要です...

2019年04月05日

by tomo

Explaining the Alexander Technique

Explaining the Alexander Technique

ウォルター=カーリントンとシーン=キャリーがおこなった会話をまとめたもの。FM=アレクサンダーの著作に関連してアレクサンダーテクニーク(AT)を説明しています。 本書では、アレクサンダーの著作を題材にした質問に対するカーリントンの答えやエピソードを返しています。アレクサンダーと長くかかわってきた彼だから知っているエピソードもあります。アレクサンダーの作品集を事前に読んでから本書に当たると、楽しめることでしょ...

2017年04月24日

by tomo