アレクサンダー研究ノート

アレクサンダー研究メモ: 資料

Alexander Collection

Alexander Collection

もう何年もワーク関連の資料を国内外から収集してきましたが、一旦整理しようと思いコレクションのデータベースサイトを作成しました。 FM氏が存命中の原本、複写で提供していただいた貴重な資料や自分で現地に行って集めた資料もあります。ワークは実践が基本にありますが、その知識や技術の裏付けは氏の著作や歴史にあります。私はFM氏の時代から第一世代あたりの資料をメインに収集しています。 その他に、音楽・医学・教育な...

2021年09月06日

by tomo

発見者としてとりあげてもらいました

発見者としてとりあげてもらいました

去年9月頃に、アレクサンダーの投書を新しく発見しました。既存の伝記では引用されていないことを確認して、オランダの研究者にメールを送り、史料の存在を知らせました。 以前、英語で記事を書いたときに大変な思いをしたので、今回はインターネットで見つけた都合上、スピード重視で発見者として名前を言及してもらい、後はお任せすることにしました。その論文は下記のリンクから読めます。 Stories about New Avenues to Do R...

2020年05月16日

by tomo

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の本を調査してきました。一番古くは1919年に刷られたアメリカ版のMan's Supreme Inheritanceです。他にイギリスから寄贈された本もありました。 Man's Supreme Inheritance (1919) 1919年版Man's Supreme Inheritanceは1920年に購求されていました。1919年にジョン=デューイが訪日しており、もしかしたらその関係かもしれません。 訪日中の日記は出版されており、伝統文化を見学したときのことを著して...

2020年03月01日

by tomo

資料について

資料について

アレクサンダー氏が最初の著作『人類の最高遺産』の出版が1910年だと考えれば、氏の作品は古典に分類されるでしょう。しかし創始者や第一世代の著作を読むことは、原理主義や修正主義というわけではなく、「温故知新」というコトワザがあるように、こういった資料の中で先輩教師達が悩み、問題提起し、考え抜いてきたことを知ることで、世代を超えて繰り返される問題を抑制できる新しいヒントになるのではないかと思っています。興...

2016年10月30日

by tomo

資料収集

資料収集

当教室には2008年頃(大学3年)から約8年間こつこつ溜めてきたアレクサンダーテクニーク(AT)の資料があります。 初めてAT関連の本を購入した頃から8年も経てば、翻訳されたものや日本人教師が著したものも増え、書店で見かけることも増えました。近所には教師がいないけれどもATが気になる、レッスンを受ける前に本を読みたい、けれども何から読めばいいのかわからない、もしそんな人がいるとしたら(自分がそうだったので)資料を徐々...

2016年10月23日

by tomo