アレクサンダー研究ノート

アレクサンダー研究メモ: F.M.アレクサンダー

プリントオンデマンドにご注意を

プリントオンデマンドにご注意を

パブリックドメイン化された本が質の悪いスキャンで出回っています。FMの著作では以下の3冊がありました。 Man's Supreme Inheritance (1910) Man's Supreme Inheritance (1918) Consctructive Conscious Control (1923) この中には粗悪なコピー本もあります。1出版社名は複数あるのであげませんが、これらは単に図書館などでスキャンしただけの原稿をプリントオンデマンド(POD)で販売しているようです。価格も現在流通してい...

2020年07月28日

by tomo

F.M.アレクサンダーの書簡集

F.M.アレクサンダーの書簡集

本日、F.M.アレクサンダーの書簡集が届きました。権利者との長い交渉でやっと出版にこぎつけたようです。購入はMouritzからできます。今までは伝記などだけで参照されているだけで一般的に読めなかったものが、公開されたということです。 書簡集が制作中という情報は、数年前からありました。実際、アレクサンダーの手紙について先達の研究者に尋ねると、Letters & Lecturesがあると言われましたが、そのようなものは出版され...

2020年06月20日

by tomo

発見者としてとりあげてもらいました

発見者としてとりあげてもらいました

去年9月頃に、アレクサンダーの投書を新しく発見しました。既存の伝記では引用されていないことを確認して、オランダの研究者にメールを送り、史料の存在を知らせました。 以前、英語で記事を書いたときに大変な思いをしたので、今回はインターネットで見つけた都合上、スピード重視で発見者として名前を言及してもらい、後はお任せすることにしました。その論文は下記のリンクから読めます。 Stories about New Avenues to Do R...

2020年05月16日

by tomo

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の作品

国会図書館にあるFM関連の本を調査してきました。一番古くは1919年に刷られたアメリカ版のMan's Supreme Inheritanceです。他にイギリスから寄贈された本もありました。 Man's Supreme Inheritance (1919) 1919年版Man's Supreme Inheritanceは1920年に購求されていました。1919年にジョン=デューイが訪日しており、もしかしたらその関係かもしれません。 訪日中の日記は出版されており、伝統文化を見学したときのことを著して...

2020年03月01日

by tomo

F.M. アレクサンダーの教師

F.M. アレクサンダーの教師

1880年代にFMアレクサンダー(FM)には二人の教師がいました。 『自己の使い方』で登場する「足の裏で床を掴むように」と指示した俳優ジェームズ=カスカート氏と発声法教師FWヒル氏です。 カスカート氏が劇団とともにウォラタ公演に来たときに、FMは彼と初めて会いました。FMがどの時点でカスカート氏に習ったのかはわかりませんが、おそらくこの時期でしょう。メルボルンに渡ってからはヒル氏に師事します。 1891年の新聞ではヒル...

2019年06月29日

by tomo