フレデリック=マサイアス=アレクサンダー (1869 - 1955): アレクサンダーテクニークの起源と歴史

~医学史的な観点からF. M. アレクサンダーの生涯・ワーク・テクニーク・著作を分析する~

著 / Jeroen Staring 訳 / 池田智紀

本文は、ジェローン=スターリン著『Frederick Matthias Alexander 1869-1955: The Origins and History of the Alexander Technique. A medical historical analysis of F.M. Alexander’s Life, Work, Technique, and Writings.』に含まれる「English Summary」の翻訳です。執筆者であるスターリン博士の許可を得ておこないました。本論文は2005年10月24日にオランダ王国ラドバウド大学の博士論文として認められました。本文中に登場するアレクサンダーの著作から引用している箇所は、『人類の最高遺産(2015, 風媒社)』、『自己の使い方(私家版)』を参照しました。原文のイタリック体は太字にしてあります。

(Jeroen Staring, Frederick Matthias Alexander 1869-1955: The Origins and History of the Alexander Technique (2005, integraal). I translated the summary with permission of Author.)

要約

← 読み物

ホーム