F.M.アレクサンダーの伝記について

池田 智紀

以下にF.M.アレクサンダーの伝記を並べた。教師養成コースでは、『自己の使い方』の第一章「進化するテクニーク」を読むようによく勧められている。しかし、人物像について知る目的では、情報が不足している。より深く理解できるようになるために、下記の伝記を紹介する。1

F. Matthias Alexander 1869-1955: A Biographical Outline by Walter Carrington

ウォルター=カーリントンが編集した短い伝記だ。ブックレットとしてSheildrake Pressから出版。カーリントンはアレクサンダーが監督していた教師養成コースを卒業した第一世代の教師だ。彼はアレクサンダーとの人間関係をうまく保てた中の一人で、卒業後もアレクサンダーの助手教師として働いた。

Up From Down Under by Rosslyn McLeod

この著作の初版が出版された当時、アレクサンダーの伝記はなかった。つまり最初の伝記である。"Up From Down Under"は、副題に"The Australian Origins of Frederick Matthias Alexander and the Alexander Technique(オーストラリア起源を持つフレデリック=マサイアス=アレクサンダーとアレクサンダーテクニーク)"とあるように、アレクサンダーのオーストラリア時代に焦点を当てた伝記となっている。「Down Under」というのは英国から見た反対側、つまりオーストラリアという意味だ。

アレクサンダーやアレクサンダーテクニークについて語られるとき、ロンドンに移住して以降が主に言及される。本書は英国から流刑にあったアレクサンダーの祖先から始まり、出生地タスマニア島からロンドンへ移住する前のオーストラリア時代ついて、その歴史やアレクサンダーと関わった人物を採りあげ調査している。

オーストラリア時代の資料は少ないが、本書では当時の広告など当時の貴重な資料が転載されている。アレクサンダーがオーストラリアでどのような手法を教えていたのか、その断片が垣間見ることができる。著者は他に"Frederick Matthias Alexander, His Life, His Legacy"というアレクサンダーの生涯をまとめた映像作品を出している。

2017年11月、本書の著者に会った。『Up From Down Under』の新版がMouritzから出版されたすぐ後だ。彼女には多くのアレクサンダーに関する資料(歴史・教育・音楽など)を譲っていただいた。また、帰国後にVHSなど別便で送っていただけた。

Frederick Matthias Alexander: A Family History by J. A. Evans

家族を焦点に当てた伝記となっており、ワークの発展についてはあまり詳細に書かれていない。著者ジャッキー=エヴァンスはアレクサンダーの又姪にあたり、彼女は15年以上も自身の家系について研究してきた人物だ。

アレクサンダー(FM)には秘密主義な一面があり、存命当時は家系についてあまり語りたがらなかったようだ。本書では彼の先祖・弟妹・私生児について書かれており、日本ではあまり知られていないようなエピソードも含まれている。当時の時代背景と彼を取り巻く家族達を知ることで、創始者の人物像がわかるだろう。

F.M.: The Life of Frederick Matthias Alexander by Michael Bloch

マイケル=ブロック著"The Life of Frederick Matthias Alexander"は上述した伝記と比較すると、アレクサンダーの生涯とワークの発展を包括的に著している。入手のしやすさを考えると、おそらく伝記の中ではこれが一番読まれており、公式本のような扱いになっていると思われる。

Frederick Matthias Alexander 1869-1955: The Origins and History of the Alexander Technique by Jeroen Staring

ジェローン=スターリン著の博士論文(医学)。一般書とは違い、これまで伝記や調査過程で新たに発見された資料を含めて医学的な歴史の観点から執筆されている。

この論文はオランダ王国のラドバウド大学で学論文として認められた。ATやFMに対して批判的な内容であり、本書を読んだAT教師は内容に対して反感を持つかもしれない。しかし、彼の文献を基にした徹底的な調査は、アレクサンダーの伝記として無視できないものだと思われる。本書はページ数が多いうえに文字サイズも小さいため、時間をかけて読み、検証する必要がある。

執筆者は、文献からアレクサンダーテクニークの起源と歴史を探ろうとしている。時代ごとにアレクサンダーの文章と関連付けながら、当時の時代背景や存在していた発声法・表現法・姿勢の再教育などの影響や類似性を考察している。我々にアレクサンダー像を見直す興味深い視点を与えてくれる。著者によると、当時はインターネットも普及しておらず、現地の図書館に赴いては資料の複写や書き写しをしていたようだ。日本からでは入手方法に難点はあるが、これまでの伝記とは違う視点を与えてくれるものだ。

2017年9月に著者とオランダで会った。わざわざ会いに来た教師は初めてのようだった。アレクサンダーに関する資料を多数拝見し、複写などをさせてもらった。この論文の要約は許可を頂いて翻訳している。他にも多数のアレクサンダーと彼の手法に関する歴史論文がある。

Frederick Matthias Alexander in New Zealand, 1895 by Jeroen Staring

Frederick Matthias Alexander 1869-1955"と同じ著者で、FMアレクサンダーのニュージーランド巡業に関する調査。2005年に発表した論文"Frederick Matthias Alexander 1869-1955"で取り上げられている1895年のニュージーランド巡業に関する部分をより拡大させたものとなる。

1894年のタスマニア島巡業・1985年のニュージーランド巡業は、失声したアレクサンダーが回復後に行ったリサイタルツアーだ。自伝で語られている公演当日の食中毒やネイピアでの裁判沙汰もこの時期になる。当時の新聞記事から調査されており、彼の俳優時代を 知る文献だ。こちらも日本からでは入手困難である。


  1. 一般的に入手可能なものを掲載した。非掲載のものに、未公表や草稿状態の原稿もある。 ↩︎

← 読み物

ホーム