交通博物館

当時の交通網、古い地図を探しにロンドン交通博物館へ行った。1

説明のない画像

最初に地下鉄(Underground・Tube)が開業したのは1863年、現在のヴィクトリア駅を通過するDistrict Lineは、1868年にSouth KensingtonとWestminsterとの間で開通した。1890年には電動の地下鉄が世界で初めて開設されたようだ。FMがロンドンに来た1904年ごろでも交通手段は充実していたと思われる。このときはまだ馬車も走っており二階建てだった。現在の市内を回る交通手段は、地下鉄・電車・バス・船・タクシーなどがある。

レンタルサイクルが設置されており、各地にそのステーションがある。街には現在地とその周辺がわかる地図も多く点在しており、迷うこともない。目的にしていた都市の地図はなかったが、1900年の鉄道網図があった。

一階は歴代の車両模型(バス・電車など)が展示してあった。その他、切符・車両広告・車両デザインの変遷がわかる。オンラインミュージアムでは写真や映像を見られるので、参考にできるだろう。2

説明のない画像 説明のない画像 説明のない画像 説明のない画像

← 読み物

ホーム