ウェストミンスター寺院

ヴィクトリア通りを真っ直ぐ進むとウェストミンスター寺院がある。

説明のない画像

この寺院は10世紀に建立された。ガイドによれば1066年にウィリアム征服王が戴冠式を初めておこない、現代も当時使われた椅子が戴冠式の際には使われているようだ。ここでは歴代の王・王女や政治家などが埋葬されており、建物内の床には埋葬されている人の名前が記されている。ニュートンやダーウィンなど著名人の名前があったが、その中に「Edward Bulwer Lytton」というどこかで見たような名前があったので、後日調べた。

Westminster Abbeyのホームページには「Edward Bulwer Lytton」が埋葬されている、とある。彼の代表作に「ポンペイ最後の日(The Last Days of Pompeii)」があり、有名な「ペンは剣よりも強し」という格言は彼の戯曲「Richelieu(リシュリュー)」で生まれたようだ。この人の一人息子が後に初代リットン伯爵になるエドワード・ロバートで、さらにその息子が第2代リットン伯爵となって、後にFM氏と深い関わりを持つことになる。

第2代リットン伯爵、ヴィクター=ブルワー=リットンは英国の政治家でインドの総督だった。日本との関わりから見ると、満州事変の際に「リットン調査団」の団長として、彼は国際連盟から派遣された人だ。当時は満州だけでなく日本や中国も視察した。調査団のレポートは「リットン報告書」として日本語で全文を読むこともできる。

そんなリットン伯爵とFM氏との関係は、「South African Libel Case 1948」の第3巻に現れる。アレクサンダーテクニーク界では南アフリカでの裁判は有名だが、そこでリットン伯爵も証人の一人となった (pp.833-854) 。この裁判記録の全文はおよそ1,400ページほどで読むのは大変だが、裁判に提出された資料は興味深いものである。 以下はリットン伯爵が初めてFM氏のワークを知ったときについて証言したものだ。

……ある友人からFM氏の著作の一冊をもらい、そのときは結婚生活の初期にあたりますが、しかし私は彼と当時出会っていません。……ある若いインドの役人が体調を国内で崩して私の所にやってきました。……彼はお別れを私に言いに来たのです、私は……誰か英国内で彼の健康を回復できる人を探すことを主張しました。彼がインドに帰ってくると、生まれ変わったその男は幸せそうに元気で、すっかり自分の仕事をできるようになっていました。私は彼に尋ねました、どうやってこんなふうになったのかと、そのとき彼はアレクサンダー氏について話したのです。(South African Libel Case, Mouritz, p.834)

このときにFM氏のことを聞いたリットン伯爵は1926年にFM氏の所へ訪問し、「私はシモンズ君[役人]と会いました、あなたが彼にしたことを見たのです。それで、もしあなたが私を助けられるなら、と私は会う気になったのです。」と話していた(p.835)。伯爵の詳細な証言は「African Libel Case」にある。編集者の紹介文をみると、この裁判記録は原本の複写(全11巻、2,232ページ)から修正を加えて8年間かけて書き起こしたものだそうだ。興味をお持ちの方がいたらMouritz社から購入できる。

← 読み物

ホーム