Library

Page 5 Advertisements Column 4

New Zealand Herald, 5 June 1895

Papers Past (National Library of New Zealand)から。

The Pollard Liliputian Opera Company will arrive to-day. The box plan is now open.
The Alexander-Blaney-Fisher Company open at the City Hall, on Thursday, the 13th instant, and will be assisted by Madame Goldenstedt, Mr. A. L. Miller, Mr. H. G. Wright, and other leading artists. A capital programme will be submitted.
It will be seen from our advertisement columns that Mr. John Birch has been fortunate enough to secure the services of Mr. F. M. Alexander, of the Alexander-Blaney-Fisher combination, to create the part of "Paul Daroon," in his (Mr. Birch's) original play of that name, to be produced at the City Hall on Monday next. Mr. Birch's programme indicates great variety, as nearly every artiste engaged makes a first appearance.
The popular concert at the City Hall, under Mr. John Fuller's management, has some unusual attractions. In addition to the Irish programme, the popular tenor will sing a new song, written specially for him by Mr. Walter Fuller, aud accompanied by the composer, entitled "The Dear Old Home." The second part will consist of the laughable comedietta, " For Better or Worse."

Page 5 Advertisements Column 4, New Zealand Herald, Volume XXXII, Issue 9838, 5 June 1895

ポラードリリプティアンオペラ劇団が今日到着しました。予約方法が現在公開されています。 
アレクサンダー・ブラニー・フィッシャー劇団がシティホールで今月の13日木曜日始まります、ゴールデンシュテッツ夫人、A.L.ミラー氏やH.G.ライト氏の他に一流の芸術家に支援されるでしょう。素晴らしいプログラムが提示されるでしょう。 
広告欄から見られることはジョン・バーチ氏が幸運にもF.M.アレクサンダー氏の功績、つまりアレクサンダー・ブラニー・フィッシャー同盟の功績が十分に約束され、次の月曜日にシティホールで製作されるバーチ氏の「Paul Daroon」の役をつくるために保証されるとわかるでしょう。バーチ氏のプログラムは多種多様さを示しているというのも、予定されたほぼすべての演者が初出演だからです。
シティホールでの人気のコンサートは、ジョン・フラー氏の運営のもと、並外れて引きつけるものです。アイルランド風のプログラムに加えて、人気のテノール歌手が新しい歌である、特別にウォルター・フラー氏によってその歌手のために書かれたものを歌い、作曲者による伴奏つきでおこなわれ、その題名は「The Dear Old Home」です。第二部の構成は笑えるコメディエッタ「For Better or Worse」がおこなわれます。


更新日:2018/02/04

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター