Library

A NOVEL ENTERTAINMENT.

Auckland Star, 23 May 1895

カテゴリー:歴史

Papers Past (National Library of New Zealand)から。

A RARE treat is in store for lovers of a really novel and refined entertainment on Wednesday and Friday next at the Choral Hall, when the Alexander - Blaney - Fisher Combination will appear for the first season before Auckland audiences. The leading members of the company are : Mr F. M. Alexander, who is considered the most versatile reciter in the colonies; Miss Rose Blaney, a Dunedin lady, who studied under the late Madame Lucy Chambers, and has since established herself as one of the foremost sopranos in Australasia; and Miss Laura Fisher, a daughter of Mr George Fisher, of Wellington. This young lady is said to possess one of the finest contralto voices yet heard in New Zealand. The press of Dunedin, Christchurch, Wellington and Napier have unanimously eulogised the performances of these artistes, and private letters of the most flattering character have reached us from most reliable sources, bestowing unlimited praise upon the performers, and the novelty and excellence of the whole entertainment. There is no doubt the fact of the two ladies being natives of New Zealand will be the means of securing them much support, as they are artists of whom every New Zealander has a perfect right to be proud, and all are sure to be very anxious to hear them. Wherever they have appeared, magnificent criticisms have followed, and the audiences have been astonished and delighted that two such brilliant vocalists should be appearing in company, and both claiming Maoriland as their birthplace. Mr Alexander is an Australian, and his versatility is simply marvellous. The Hawke's Bay " Herald" (May 14, 1895) writes: "Mr Alexander is a veritable host in himself." This gifted reciter at one time convulses the audience with humorous sketches, at another holds them spellbound with his tragic efforte, and in every phase of dramatic work be is equally happy.

A MOTEL ENTERTAINMENT., Auckland Star, Volume XXVI, Issue 122, 23 May 1895

Papers Past (National Library of New Zealand)から。

アレクサンダー・ブラニー・フィッシャー同盟が第一シーズンにオークランド聴衆の前で出演するとき、貴重なもてなしが次の水曜日と金曜部にコラールホールで本当に斬新で洗練されたエンターテインメント愛好家のために用意してあります。主な劇団員は、F.M.アレクサンダー氏、氏は植民地で最も多才な朗誦家と考えられます。ローズ・ブラニーさんは、彼女は故ルーシー・チャンバーズ夫人の下で研鑽し、オーストラレーシアでもっとも有名なソプラノ歌手の一人として確立しました。ルーラ・フィッシャーさん、彼女はジョージ・フィッシャー氏のご息女、ウェリントン出身です。この若いご令嬢はニュージーランドではいまだに聞いたことのない素晴らしいコントラルトの声の一つを持っていると言われています。ダニーデン、クライストチャーチ、ウェリントン、ネイピアの出版社は満場一致でこれら芸術家のパフォーマンスを賞賛し、もっとも賞賛される特徴ある私信は最も信頼ある情報源から私たちのもとにやってきており、際限のない賞賛を演劇者と斬新で卓越した公演全体に与えています。疑いようのない事実として二人のニュージーランド生まれの女性は、多くの支援を確保する手段を持っており、というのも彼女らはあらゆるニュージーランド人が誇りに思う権利のある芸術家だからで、そして誰もが確かにそれを聞きたいと切望しています。彼女達が出演したところではどこでも、素晴らしい講評が続いており、聴衆達は二人の素晴らしい声楽家が劇団で出演し、両者がマオリランドを出身地として述べていることに驚き喜びました。アレクサンダー氏はオーストラリア人で、氏の多才さは単運に素晴らしいです。ホーキーズベイの「ヘラルド紙」(1895年5月14日付)ではこう書かれています、「アレクサンダー氏は紛れもなく人並外れています。」 この才能ある朗誦家は一度に聴衆をユーモアのある寸劇で身もだえさせ、別の寸劇では悲劇の力作で彼らは魅了され、そして劇作品のあらゆる段階で同じように幸せにさせました。


更新日:2018/04/18

Short Link:

意識的調整実践センター
意識的調整の学校 / ATJ岡山教室 / ATJエスクール岡山校

  • 080-6314-1516
  • info@conscious-control.jp
  • 岡山市北区奉還町1-4-17 奉還町ビル 401
ATJlogo
© 意識的調整実践センター