プロフィール

プロフィール写真池田 智紀(いけだ とものり) 1987年生まれ、岡山県出身、在住。2012年、長崎大学大学院教育学研究科を修了。修士(教育学)。小学生の頃からピアノ・トランペットの演奏を中心に音楽教育を受けてきた。明誠学院高校の特別芸術コース吹奏楽系を経て、大学時代は近隣の中学校・高校でトランペットの指導をする。ブラスバンド・吹奏楽・オーケストラを経験し、2009年には市民参加演劇「the Passion of Nagasaki 」に奏者として参加。学部時代には演奏法と教育について、大学院ではアメリカの教育学者ジョン=デューイについて研究する。卒業後はF.M.アレクサンダーとデューイの教育について研究と実践をしている。

大学時代、楽器のレッスン中でとある講師から聞いた話がアレクサンダーテクニーク(AT)を始めるきっかけとなる。当初はボディマッピングの受講をしたがATとは違うことに気づいた。そして長崎での開校を知って横江氏のワークショップに参加し、そのまま教師養成コースに入る。ワークの学びの中で演奏や腰痛、花粉症などに苦しむことが次第に減っていった。

2013年卒業後、ATJ翻訳チームに所属。現在『いつでも穏やかに暮らすには・The Universal Constant in Living』(2019年出版予定)を翻訳中。またAT関連の資料を収集・研究・保管をしている(参考資料)。


活動内容

FM氏の発見した原理、意識的調整を基礎としたワーク
当スクールは、アレクサンダーテクニークジャパンの岡山教室です。2013年に教師養成コースを卒業した教師が、アレクサンダーテクニークのレッスンをします。ご自身で日常的にしている習慣に気がついて、予防的に原因を減らしていく方法を選択できるようにお手伝いします。
演奏・パフォーマンスに関する問題解決のお手伝い
初心者からプロ・アマ問わず、演奏などを通してF.M.アレクサンダー氏の発見と音楽を学ぶことができます。
意識的調整に関する研究
当教室では、F.M.アレクサンダーとジョン・デューイの思想・教育・哲学について研究をしています。研究テーマはそのときの必要性に応じて追求しています。
関連資料の収集と保管
日本では関連資料を気軽に参照できる機関はありません。当教室ではアレクサンダーテクニーク関連の資料を収集・保管しています。また継続的な歴史調査をしています。現在総数は100点以上を超えており、おそらく日本では最多の所有数となっています。参考資料から研究や保有資料を一部掲載しています。
各地でのワークショップ
各地でワークショップをおこなっています。5~6人から出張ワークショップも可能です。お問い合わせください。

研究活動

  • 「アフォリズム・教える言葉(Teaching Aphorisms)」2015年、F.M.アレクサンダー著、横江大樹訳『人類の最高遺産』付録
  • 「自伝的小品(Autobiographical Sketch)」2015年、F.M.アレクサンダー著、横江大樹訳『人類の最高遺産』付録
  • 下訳『建設的に意識調整するヒト』
  • Jeroen Staring著、Frederick Matthias Alexander 1869-1955 (要約)を翻訳

活動記録

2019年
F.M.アレクサンダー関連でひとつ研究発表する予定。
2018年4月
ジェローン=スターリン著『Frederick Matthias Alexander 1869-1955』の要約を翻訳
Frederick Matthias Alexander 1869-1955 (要約)
2017年12月
ATKの会報No.3に寄稿
FMアレクサンダーの知られざる脚本(ATK会報No.3)
2017年8月~11月
8月半ばから11月末までロンドン・オランダ・米国・豪州を周る
発表:FMアレクサンダーの研究 
スライド:欧米での調査2017年(発表スライド) 
2015年~2016年
岡山を中心にワークショップを開催
2014年
富山・岡山各地でワークショップを開催
ATJ広島教室と共同でワークショップ
アレクサンダーテクニーク教師会 理事(~2020)
2013年
教室オープン
富山・岡山で各地でワークショップを開催
ATJ広島教室と共同でワークショップ
意識的調整教師(アレクサンダーテクニーク教師)
アレクサンダーテクニークジャパン 岡山教室専任教師